一般的な薄毛治療には保存的療法がとりいれられている

薄毛治療の基本となるのは、脱毛を予防して発毛させ、薄毛治療に対する不安を取り除くことです。

一般的な治療は、外科的療法ではなく、一人一人の薄毛の状態に合わせた経口薬とミノキジルなどの外用薬が中心となる保存的療法とよばれるものです。

多くの場合は、薄毛治療を始めてから3~6か月ほどで、治療効果が現れてくるようです。

保存的療法と同時に、栄養を補うためのビタミン、及びミネラルのサプリメントが処方されたり、シャンプーの選び方、洗髪方法、そして生活習慣や食事の改善も指導されます。

薄毛治療は、まずは無料カウンセリングから始まります。

カウンセリングにかかる時間は1時間ほどで、薄毛治療の内容、治療費、治療における注意事項などが説明され、次回の初診のための問診票への記入をおこないます。

初診では、専門医師が頭髪と頭皮の状態、及び身体全体の健康状態を診察し、治療の経過を見るための頭部写真撮影が行なわれます。

その後、治療で使用される薬が身体に影響を与えるかどうかを調べる血液検査が行なわれます。

希望をすれば、DNA検査と毛髪ミネラル検査もオプションで受けることができます。

血液検査の結果が出たら、治療薬の処方がされます。

通常は30日分の外用薬と経口薬が処方され、その後は1か月後ごとに診察、及び経過を見るための頭部写真撮影をすることになります。

ほとんどの医療機関では、目に見えて治療の効果がでてくる6か月を1クールとしているようです。